約270年の歴史を持つ伝統芸能「八女福島の燈籠人形」が、毎年秋分の日を含む3日間にわたり公演されます。

境内に舞台となる屋台を組み、1階でからくり人形を操り、2階で三味線や鼓を演奏します。総勢40人以上で、一つの演目を完成させています。からくり人形や提灯、和紙など、すべてに八女の伝統工芸が生かされています。精巧なからくりの燈籠人形がまるで生きているかのように動き、幽玄の舞台を作り上げます。国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

イベント詳細

ホームページ
http://www.city.yame.fukuoka.jp/kanko/2/1457320346733.html
開催期間
2017年9月22日~24日  毎日公演/1回目13:30、2回目15:00、3回目16:30、4回目19:00、5回目20:30(各回約30分)
開催場所
〒834 – 0031 福岡県八女市本町10 福島八幡宮境内
交通アクセス
JR鹿児島本線「羽犬塚駅」からバス「八女学院高前」~徒歩10分
九州自動車道八女ICから約10分
料金
無料

※情報はすべて2017年9月9日時点のものです。

この記事が気に入ったら いいね!しよう