車のハンドル

国際免許

国際運転免許があれば、外国人も最大で1年の間、日本で車を運転することができます。 もし日本を3ヶ月以上離れていなければ、国際免許証で再度日本での運転をすることはできません。

国際免許は日本では発行していないため、あらかじめ自国で取得しておく必要があります。

ベルギー、フランス、ドイツ、モナコ、スロベニア、スイス、台湾ではジュネーブ条約によって国際免許を発行していませんが、 代わりに、運転免許証の公式翻訳があれば、1年間日本での運転が認められる特別協定を結んでいます。

翻訳文は日本自動車連盟(JAF)、各国の大使館、日本の領事館で作成してもらえます。

日本では認められていない国際免許を持つ外国人や、日本に1年以上滞在している場合は日本の運転免許を取得しなければいけません。

日本の運転免許

日本は、オーストリア、オーストラリア、ベルギー、カナダ、チェコ、デンマーク、フィンランド、ドイツ、ギリシャ、アイスランド、アイルランド、 イタリア、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、スロヴェニア、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、 イギリスを含む20以上の国、簡単に日本の免許を取得できる2国間協定を結んでいます。 上記の国で有効な運転免許を持っていれば、日本での筆記試験、および運転技能なしに日本の運転免許を取ることができます。

その代わり、自分の運転免許証の公式翻訳(JAFから入手できます)を持って地元の教習所に行く必要があります。 またその際、パスポートと、外国免許証を取得した日から通算で3ヵ月以上その国に滞在したことが証明できるものが必要になります。 当日は視力検査を受け、当日中に新しい免許を受け取ることができます。

もし、上記のような2国間協定を結んでいない国(米国、中国、ブラジルなど)の免許をお持ちの方は、 日本での運転免許取得の際には筆記試験、運転技能および視力テストが必要となります。 これらをすべて合格するには、運転経験者でも数回以上のトライが必要とされます。

JAF福岡支部

JAFの支店は九州の各県にありますが、運転免許の日本語及び台湾語への翻訳文を当日中に受け取ることができるのは福岡支店のみです。

この記事が気に入ったら いいね!しよう