節分

Contents

We are currently preparing the English version of the article

節分について

FFJ

日本では毎年2月3日ごろに「節分」と呼ばれる行事があります。昔はこの日を春の始まりの日としていましたが、旧暦での日付にしたがっているため、現在の節分は冬に行います。
2020年の節分の日も2月3日ですが、年によっては変わることもあります。

節分の日には一般的に「鬼は外、福は内」と言いながら「福豆」と呼ばれる煎り大豆を家の外と中に巻き、また、その豆を自分の年齢の数だけ食べる習慣があります。これには厄除けの意味があり、豆まきをすることで悪いことを追い払い福を呼び込むとされています。

また、近年では「恵方巻」と呼ばれる習慣も広がっています。
節分の日に、毎年決まっている縁起のよい方角(吉方)に向かって7種類の具を入れた太巻を無言で食べきります。この太巻きのことを恵方巻きと呼び、願い事の成就や無病息災・商売繁盛などをもたらすと言われています。

煎り大豆と恵方巻

毎年節分前の時期になると、スーパーマーケットやコンビニなどで福豆や恵方巻きが売り出されます。

FFJ

豆まきをする際、特にお子様のいる家庭では誰かが鬼のお面をかぶり、その鬼役の人に豆をぶつけたりします。そのため、売っている豆には鬼や福の神のお面がおまけに付いていることが多いです。
お面や豆を入れる升(木でできた四角い容器)は、100円ショップなどに行けば安価で手に入れることができます。準備は意外と簡単ですので、興味のある方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

FFJ

また、恵方巻きは食べやすいシンプルなものから豪勢なものまで様々です。具材も多岐にわたっており、きゅうりやシイタケ、卵などが主流ですが、お刺身やお肉など、ユニークな中身のものもたくさんあります。
ご予算と胃袋、そしてお好みに合わせていろいろ選んでみるのも楽しいですよ!

最近では太巻きだけではなく、ロールケーキやお菓子など、細長い食べ物も恵方巻きの代わりとして参戦していることがあり、バリエーション豊かになりつつあることも面白い特徴です。お寿司が苦手な方もこれなら楽しめますね。

病気や不幸など、周りの良くないことを鬼に見立て、退治することで福を呼び込む節分。
悪いものはスッキリと追い出し、気持ちよく春を迎えたいものですね。