We are currently preparing the English version of the article

古くから、外国との玄関口として発展してきた街で、現在も異文化の香りが漂う長崎市。
国内外の多くの観光客で賑わいを見せ、歴史に裏付けされたその魅力は今も色あせず情緒を感じる。

FFJ

今回FFJスタッフが訪れた、長崎市内のおすすめスポット3選をご紹介!

①『眼鏡橋』

FFJ

長崎市の中島川に架かる石造二連アーチ橋で、1634年ごろに造られたと言われている。アーチ橋が川に映ることで「めがね」のように見えることから『眼鏡橋』と広く認知され、フォトスポットとしても有名。長崎を代表する観光名所の一つである。石造のなかには、「ハート型」の石が隠れているので、ぜひ探してみて欲しい。
恋人やご夫婦で行けば、旅の思い出になること間違いなし!

〒850-0874 長崎県長崎市魚の町

②『龍馬ブーツ』

FFJ

日本の歴史好きであれば一度は訪れたい「坂本龍馬」ゆかりのスポット。市内の中心地からも簡単にアクセスでき、意外と知られていない穴場。
日本人で初めてブーツを履いたといわれる坂本龍馬。この石造のブーツに実際に足を入れて、市内を見渡すと龍馬になった気分が味わえる。また、「龍馬ブーツ」までの道中は、石造りの坂道になっており、猫とすれ違うこともしばしば。散策気分も味わえて、歴史のロマンを感じることができるスポットだ。

〒850-0802 長崎県長崎市伊良林2丁目5−11

③長崎新地中華街

FFJ

長崎市内の中心地に位置し、日本三大中華街の一つとされており、店舗や露店が約40件並ぶ。どの店からも美味しそうな香りが漂い、どこに入ろうか悩んでしまう。ランチでもディナーでも食事を楽しむことができるので、事前にお店をリサーチして、狙いを定めておくのが理想。
外国人にとっては、日本に来たのに中華街?と思うかもしれないが、「長崎ちゃんぽん」や「長崎皿うどん」といった長崎でしか味わうことができない絶品料理にきっと満足いただけるはずだ。 長崎を訪れた際は、この中華街で食事を楽しむことが旅の醍醐味であり、必ず押さえておきたいスポット。

〒850-0842 長崎県長崎市新地町10−13

今回、3つのおすすめスポットをご紹介したが、長崎市には多数の魅力あふれる観光スポットがあるため、これはほんの一部に過ぎない。自分の興味・関心にあったスポットを事前にリサーチし、タクシーや路面電車などを活用し、一気に回遊することをお勧めする。

ぜひ一度、長崎市を観光してみてください!

この「FFJ|記事」が気に入ったら いいね!しよう