※อยู่ระหว่างจัดเตรียมเนื้อหาภาษาไทย

日本に来たばかりの頃、日本特有の地上の狭い通りが、街の地下のスペースを使うことによって補われていることに感動しませんでしたか?世界中の様々な街に、様々な場所が広がっています。東京や、私たちの住む福岡のような街では地上・地下を行き来します。レストランで埋め尽くされたフロアの上にはデパートが。駅の下には複雑な地下の通路が木の根のように広がっていて、通路に様々な店があるところもあります。

福岡では地下鉄天神駅を出て少し進むと地下のショッピング街があります。薄暗い地下に小さいお店やカフェ、レストランなどが並び、天神の買い物客が地上の忙しい街から逃避できます。

car share

天神地下街は中心街地下に位置し、南はロフトから、北は福岡中央郵便局まで続いています。地下へは中心街の様々な場所にある階段を降りても、天神のデパートの地下からも行けます。

地下街の各出口は、どの道へ出るのか、どの街に近いのか等わかりやすく表示してあります。(例:市役所・警固公園など)地下街を通れば外に出ずとも目的地へ行け、信号待ちをして道を渡らなくてもいいのです。夏や天気が悪い日は外に出たくないですよね?地下街では永遠に心地よい夕暮れが続いていますよ。ガラスの照明が店と店の間の壁の上にあり、錬鉄の天井を照らし、地下街に人の多さを感じさせないくつろぎの空間を与えています。

2つの通路が平行に地下鉄の駅まで広がり、中心にある大きなステンドグラスの装飾の施された柱は、遠くヨーロッパの大聖堂が洞窟に流れる水のように天井から流れ落ちてきたかのようです。

car share

もし迷ってしまったとしても、地図や表示がたくさんありますよ。各地図は地下街の店や各出口、その出口がどこに繋がっているか示してあります。各出口は北から南へ番号が振られていて、目につきやすい黄色い標示が目印です。

地下鉄空港線の天神駅へ行ってみましょう。通路は東と西に広がっています。東側は赤坂方面へ、東側はアクロス福岡へ繋がっています。アクロス福岡はクラシック音楽のコンサートを鑑賞したり、地上に出ることなく帰宅したりできます。ここで話題を地下街の地下鉄乗り場へと戻しましょう。乗り場には地図や、インフォメーションセンター、公衆電話があります。空港を急いで出てしまったという方のために外貨両替機もありますよ。

car share

既に目的地が決まっていれば、標示や地図を見ながら、または自分の足を頼りに行きましょう。地下街で迷子になることはないとは思いますが、全体を歩くと疲れます!地下街を隅々まで見るいい探検にはなりますが。地下鉄乗り場はステンドグラスのレプリカで彩られています。(これらが更に地下街にヨーロッパの大聖堂の雰囲気をもたらしています。)また、からくり時計は時間になると音が鳴ります。

car share
car share

地下街にはATMもたくさんあるので買い物中にモグラのように地上へ上出てこなくて済みます。ロフトのある南側はコンビニとトイレが揃っています。大丸、天神コア、パルコ、三越、イムズが地下街の中でも「大きな店」です。地下街自体に大きな店はなく、スターバックス以外にも外資系のチェーン店がいくつかあります。

地下街は電車の始発の時間に営業開始し、夜遅くまで営業しています。午後10時になると店が閉まり、飲み会帰りの人々が別れの挨拶をしている光景や、ソラリアステージで映画を観た帰りの人たちが見られます。

福岡にいても1日に1度も、または年に1度も地下街を使わないという方もいるのではないでしょうか。地下の古いパブや、図書室の隠れた一角のような陰にある目立たない存在ですが、次に天神に行くときは街中にある標示を目印に階段から地下へ進んでみてください。天神のネオンの下に、地下の心臓部があります。

Written by Roger Ferrari

この記事が気に入ったら いいね!しよう