繁體字版正在準備中。

蚤の市。またの名を、フリーマーケット。

日本では“ボロ市”や“ガラクタ市”とも言われます。

フリーマーケットの歴史は、ヨーロッパから。語源は定かではありませんが、どうして“蚤”なのかというと、『蚤のついていそうな衣類やガラクタが売られているから(!)』とする説も。

ですが、近年日本で開催されている蚤の市は、案外洒落ているのです。

骨董品だけでなく、珈琲やドライフラワー、作家さんが作品を販売することも。今や、お洒落さん達が集うお祭りとも言えます!

さて、今回は、九州は福岡、筥崎宮にて行われる蚤の市~風の市場~をレポート。

掘り出し物を探しに行きましょう!!

福岡市東区箱崎にある【筥崎宮】では、年に10回ほど、蚤の市が開催されています。約300mにも及ぶ長~~い参道に、お店がズラッと並びます。

どのようなお店があるのでしょうか。

FFJ

味がある和風家具。

かつて誰かの家で使われていたであろう家具が、次の引っ越し先を探しています。

FFJ

これは“簪(かんざし)”だ!櫛(くし)型の簪もありますね。

髪の長い方、いかがですか?

FFJ

シンギングボウルまで?!なんでもあるんだなあ。

美しい音色の鳴るヒーリングツールで、ストレス解消、不眠などに効果があるのだそう。ちょっと疲れてしまったなあという方、ぜひ。

FFJ

大綺麗なシャンデリアまであります。

ここで、筆者、気づく。

蚤の市で一通りの家具が揃ってしまうのではないでしょうか?!味のある素敵な家具がいっぱいあり、お洒落さんが集うのもわかる気がします。

FFJ

アクセサリーも勿論、あります。

綺麗ですね。こんなに綺麗なブローチが破格の安値で売っていたりするのです。
蚤の市、侮れない。

と、こんな感じで、いろんなお店に目移り、目移り。あっという間に300m進んでいたようです。

その他にも、靴や洋服、民族雑貨、ミリタリー用品・・・etc
これだけお店があると、帰り道は何かしら袋を手に帰路につく姿が頭に浮かびます。

一度は手放された骨董品たちが、それらを求める人の元へお嫁に行ける素敵な市場。少し根気がいりますが、漁りに漁ってみてください。

きっと掘り出し物が見つかるはずです。

この「FFJ|記事」が気に入ったら いいね!しよう