みなさんは、日本食と言ったら何を思い浮かべますか?お寿司?ラーメン?
これらの有名な日本食に加えておススメしたいのが「定食」です。

画像の説明

「定食」とは日本の食文化スタイルの一つで、揚げ物やグリルなどのメインディッシュを中心に、白ごはんや小鉢、お味噌汁などのサイドディッシュが一つのメニューとしてセットになったもののことです。欧米でいうミールセットのようなものですね。

画像の説明
チキン南蛮定食

食べたいおかずで選べる!バラエティー豊かな定食メニュー

画像の説明
メンチカツ定食

定食にはいろいろな種類があり、メインディッシュにちなんで「ハンバーグ定食」「から揚げ定食」「とんかつ定食」などの名前がついているので、食べたいおかずから選ぶことができますよ。肉じゃがや野菜炒めなど、日本の家庭料理もメニューにあることが多いので、「普段の日本の食事」をお楽しみいただけます。

画像の説明
からあげ定食

そしてなんと驚くことに、定食と呼ばれるもののほとんどは500円~1000円で食べられるんです!白ごはんやお味噌汁がおかわり自由なお店もあるため、値段を気にせずおなか一杯になりたいときにもおススメです♪

並べ方には意味がある?定食の配膳ルール

定食は、一度にお肉や野菜、汁物などが食べられるため、栄養バランスもばっちりです。栄養バランスのカギは「一汁三菜」と呼ばれる、汁物1品とおかず3品(主菜1品+副菜2品)の組み合わせにあります。そして和食のマナーには、一汁三菜をどう配置するか、という決まりがあるんです。

画像の説明

まず、お箸は一番手前に置き、左側に箸先、右側に持ち手が来るように置きます。これは、口に付けた箸先をなるべく他人に見せないようにするための、日本人なりの礼儀です。

次にご飯茶碗は左手前に配置します。これは、お茶碗は基本的に左手で持つことがマナーとされているためです。お味噌汁は、右手前に配置します。ご飯の次に持つ回数が多いからです。メインのおかずは右奥か中央に配置します。そして漬物やサラダなどの小鉢は真ん中や奥に配置します。ほとんどのお店はこのマナーにしたがって配膳していると思いますので、お店で確認してみてください。ただ、食べ方、持ち方のルールはそんなに厳しいものではないので、あまり気にせず、好きに食べてくださいね。

日本にはチェーン店型の定食屋さんもたくさんあります。中には海外にも出店しているお店があるので、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。メニューも豊富で、一人でも入りやすい雰囲気のお店が多いため、日本に来て、何を食べたらいいか分からない、というときにもぜひご利用ください。本格的な日本の家庭料理が、気軽に楽しめますよ♪

日本の代表的な定食屋

やよい軒
http://www.yayoiken.com
http://www.yayoiken.com/en(英語)
http://www.yayoiken.com/ch(中国語)

大戸屋
https://www.ootoya.com
http://ootoya.us(NY)
http://www.ootoya.co.th(タイ)
http://www.ootoya.com.tw(台湾)
https://www.facebook.com/Ootoya.HK(香港)
https://www.facebook.com/OotoyaSG(シンガポール)
https://www.facebook.com/Ootoya.vn(ベトナム)

この記事が気に入ったら いいね!しよう