金継ぎ

목차

※한국어버전은 준비중입니다.

突然ですが。

こちらの器は、一度欠けてしまいました。どこが欠けているのかわかりますか?

FFJ

正解は、

FFJ

ここでした。

【金継ぎ】という技術によって、欠けた部分を修復しています。

今回ご紹介する金継ぎとは
割れたり、欠けてしまった焼き物を、漆で接着し、金などの粉を用いて装飾する技法のことです。

FFJ

その歴史は古く、なんと縄文時代まで遡ります。

元は、漆で接着し修復するという、“修理”の技法として始まった金継ぎですが、次第に漆の上に金紛を蒔いて装飾するなどといった、芸術的な意味合いも持ち始め、近年ではアート作品としても認知されています。

修理の域に留まらず、“見せる”技法として進化してきたのです。

例えば。

FFJ

焼き物の模様を魚に見立てたり、

FFJ

欠けを蝶々にしてみたり。

作家のイマジネーション次第で変幻自在。一度割れてしまっても、息を吹き返すことが出来ます。

さて、今回お邪魔したのは、福岡市は中央区、六本松にある【博多漆芸研究所】さん。

FFJ

お洒落なカフェに古着屋、近くには護国神社。
そんな住宅街の中のレトロなアパートに、その工房はあります。

FFJ

FFJ

漆器の製作や販売、金継ぎなどのリペアの受付の他にも、漆芸・金継ぎの教室等も開講されているこの工房。ご夫婦で作家として活動されています。

FFJ

今回、お二人にご協力いただき、金継ぎについて学んできました。
実際に目の前で実演していただきながら、紐解いていきます。

金継ぎ、と一口に言っても工房や作家によって、方法も、用いる道具なども様々。
それぞれに“レシピ”があるのです。

今回は博多漆芸研究所のレシピに基づいて、金継ぎの工程の一部である、【上塗り】【粉蒔き】の作業を目の前で見せていただきました!

まずは上塗り。

FFJ

漆を、和紙(植物の繊維)で作られている《濾し紙》に出し、

FFJ

漆を濾しながら、余分なものを除く作業。

FFJ

そして、絞り出した漆を筆に取り、

FFJ

欠けを埋めた部分に塗布していきます。

FFJ

繋ぎ目を縁取りながらの細かい作業。職人技というものです。

FFJ

漆を塗り終えたら、次は金を蒔く工程に入ります。

FFJ

これが・・・金!

FFJ

毛棒で金粉を蒔いていきます。

FFJ

FFJ

FFJ

【金継ぎ】の“金”が施されていきます。一度欠けてしまった器が、美しく生まれ変わっていく瞬間です。

FFJ

全体に金粉を蒔き終えたら、粉を払いながら整えていきます。

FFJ

蚕の繭から採った《真綿》を使って、優しく金粉を払っていきます。

FFJ

FFJ

FFJ

磨くと一層輝きを持ちますね。

FFJ

ここまでの工程を終えたら、一旦乾燥へ。

FFJ

そして、この後は生漆を塗り、磨き、研いで仕上げていきます。

皆さんは、大切な器が割れてしまった経験はありませんか?

割れてしまっても直す術は、あります。

このような過程を辿りながら、大切に、丁寧に、直してくれる場所があるのです。
安心して、その器を愛してあげてください。

『結婚式の記念品』や『海外旅行の思い出』、はたまた譲り受けた『形見』等々、その器に宿る想いやストーリーをも繋ぐ技術が、【金継ぎ】なのです。

今回お邪魔した【博多漆芸研究所】では、修理の依頼や漆器の製作・販売、金継ぎや漆芸の教室なども行われています。気さくで面白い先生が迎えてくれますよ!

私も、大切な器にピンチが訪れたら、一度駆け込んでみようと考えています。

博多漆芸研究所

住所
〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松1丁目3−18 中村荘 205
アクセス
地下鉄六本松駅徒歩5分
メールアドレス
info@nurimatsu.jp
営業時間
第1~4週の金土日曜 11:00~17:00(その他の日時は要予約)
定休日
毎週月曜日&第5週
公式WEBサイト
HP:http://hakatashitsugei.jpn.org/
Instagram:https://www.instagram.com/hakatashitsugei/
FB:https://www.facebook.com/hakatasitsugei/