「奄美・屋久島2つの世界自然遺産を巡る旅」 ~時間を忘れる旅、奄美大島【後編】~

※奄美は世界自然遺産候補地であり、まだ登録されていません。(今夏登録予定)

สารบัญ

あやまる岬観光公園

奄美大島の最北端に位置する太平洋につき出したあやまる岬。透き通るような青い海とサンゴ礁を見ることができます。

そして、訪れる人々の目を引くソテツジャングル。

このソテツは観葉植物としても知られていますが、奄美大島では古くから食用としても利用されていました。

あやまる岬観光公園は、写真映え間違いなしの撮影スポットが多数あります。公園内には観光案内所やカフェも併設されていますので、ドライブコースの目的地としても魅力的です。

【あやまる岬観光公園】

〒894-0624 鹿児島県奄美市笠利町大字須野682

TEL:0997-63-1170

公式サイト:https://ayamaru.amamin.jp/

大浜海浜公園

奄美大島の市街地「名瀬」から車で20分程度の距離にある「大浜海浜公園」。

海に夕日が沈む様子を見ることができるサンセットスポットとして、たくさんの地元の人や観光客が訪れる場所です。この日は最高の天気に恵まれ絶景を眺めることができました。

 

また隣接している奄美海洋展示館ではウミガメと触れ合うことができます。彼らがレタスを食べる姿は可愛らしく印象的でした。

その他にも展示物や水槽などでサンゴ礁、魚、エビ、カニなど奄美の海の生き物について知ることができます。

 

【奄美市大浜海浜公園】

〒894-0046 鹿児島県奄美市名瀬小宿大浜701-1

TEL:0997-55-6000

公式サイト:https://www.ohama.marutani-amami.com/

 

金作原原生林トレッキング

市街地「名瀬」から車で約25~30分程度、奄美大島の太古の森、金作原(きんさくばる)原生林があります。金作原原生林は、奄美らしい多様性のある森林がみられる代表的なスポットです。

奄美大島の植物や鳥類などの動物たちを見ることができ、森林浴を楽しみながら散策できます。植物の葉はとても大きく、青々とした姿は神秘的でした。

さらに鳥の鳴き声が聞こえてきたり、キツツキが奏でる音が聞こえてきたりと非日常的な空間が体験できます。

 

おわりに

今回紹介したスポット以外にもまだまだたくさんの魅力が詰まっている奄美大島。

奄美大島の大自然の中にいると時間を忘れることができます。

昔も今も変わらない太古のままの姿は、私たちに癒しと元気を与えてくれるようです。

ぜひ一度、その世界観を体験する旅に出かけてみてはいかがでしょうか?